左足壊死ニキの正体と医師が左足を見た結果の病名についての回答意見 |

左足壊死ニキの正体と医師が左足を見た結果の病名についての回答意見

ネット上で話題の左足壊死ニキさんの正体!?ハイスペックな過去。

最近、ネット上で話題の「左足壊死ニキ」と

いう人物の正体・・・

 

一体どんな方なのでしょうか!?

 

正直、左足を見る限りでは、

明らかに痛々しいですし

失礼ですが、身なりからしてホームレス。

(左足が何らかの病気に冒されている

ホームレスの人物になります)

 

 

個人的に気になったのは、

・隠されている左足の状態

・意味不明な名前の由来

・医師が画像を拝見しての病名の予測

・左足壊死ニキさんのホームレス以前

 

 

といったところでしょうか。

 

まず、名前の由来に関してですが、

過去のツイートを探した結果

2013年ぐらいから東京都内での目撃が

あるようです。

風吹けば名無し 2013/12/09 01:28:41 ID:sVPVRvIG
秋葉原など総武線から横浜周辺、大船方面まで広い範囲で目撃されとる足が壊死したおっさんやで
臭いがそうとうひどいらしい

 

この頃は、“左足壊死ニキ”ではなく

「壊死おじさん」「壊死おっさん」などと

いうわれていたという。

 

左足壊死ニキさんの名前の由来意味は、

兄貴や姉貴というニアンスだそうです。

また、「ひだりあしえし」ではなく

正確には、「ひだりあしかいし二キ」という

読み方のようですが、

 

結論、良く意味がわかりません・・・

 

 

また、左足壊死ニキさんのホームレスに

なる前を知っている方の投稿で、

前職は、会計士であり

弁護士の息子さんが起こした不祥事で

退職に追い込まれて破産し現在に至るようです・・・

 

会計士といったら労働時間は長いですが、

年収で言えば「600万〜800万」の世界ですから

一般の方の約2倍からそれ以上。

 

何処までが本当で嘘かはわかりませんが、

嘘をついたところでメリットは

一切ないので本当の事でしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

左足壊死ニキさんの左足の状態を見た医師の回答意見。

私も画像を拝見させて頂いたのですが、

非常に痛々しいです・・・

 

本人は痛くないのでしょうか。

 

左足壊死ニキさんの左足の現在:

 

このような状態になった場合いの

病名に関しての診断。

閉塞性動脈硬化症/末梢性動脈硬化症による壊死によるものか、感染による蜂窩織炎+壊死性筋膜炎の可能性
どっちにしても背景にDM.HTはあると思います

 

また、病院に運ぶべきではと

多くの意見がある中で

お医者さんの意見回答はこのように

言っている。

 

医者は病院に着て頂いた方や、

運ばれてきた患者さんの診察と治療を

行うのが仕事であって

 

病院に運ぶ手続きや運ぶことが、

仕事ではない。

 

本人が身動き取れなくなっているなら

まだしも

 

自分で歩けているし、

病院に行くか行かないかは本人の自由です。

 

それにどう見てもホームレス。

 

お金の取れない相手を治療したところで、

病院の利益にはなりませんから。

 

医師は人の命を助ける尊い職業ですが、

慈善事業ではありません!

街に歩いている不健康な方を、

片っ端から気にかけては入られません。

 

 

確かに、

 

医者もボランティアではありませんし、

仕事ですからお金を払えない人に

治療はできませんよね・・・

 

 

なんか、複雑な気持ちです。。。

 

 

スポンサードリンク

 

 

左足壊死ニキさんの考えられる病名

私自身も考えていたのですが、

普通、身体の一部などが「壊死」する場合い

高熱や合併症や感染症を、

起こす可能性が非常に高く

常に身体がインフルエンザにかかったような

状態であると聞いたことがあります。

 

この疑問についての医師の回答:

もし本当に壊死しているなら、感染を起こして最悪の場合死に至る。そうでなくても高熱でダウンとか余裕でありえる。
報告を見る限り数年前からこの状態だということだから壊死ではないと思われもし数年前の段階でこのレベルの壊死でそれを放置していたらここまで元気ではいられない。

 

では、他に考えられる病名の正体は、

何があるのでしょうか。

 

・象皮症説

リンパ管の圧迫や狭窄のために

リンパ管の流れが悪くなり

内容物がリンパ管の外にはみ出し

異常なむくみの原因になる。

 

進行が更に進むと皮膚が変形して

アンパンマンのような見た目になってしまう。

 

・糖尿病説

血糖値が高い状態が続くと、

神経障害のほかに動脈硬化などによる

血流障害が起こりやすくなる。

 

その結果、痛みを感じなくなり

細胞が必要とする栄養と酸素が、

十分に供給されなくなり足先から

腐っていく。(痛風説)

 

・うっ滞性皮膚炎症

静脈瘤など下肢の血行障害によって

膝下3分の1の部位に生じる、

特に中年以降の女性に多い慢性の皮膚炎です。

 

血液がうっ滞すると、

血管母皮膚へ酸素や栄養の供給が不足し、

皮膚炎や肌の色が変化する病状が

出ると言うわれている。

 

 

 

スポンサードリンク